カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

東日本大震災復興応援プロジェクト

2011年3月11日。

この日は横浜でも、今まで体験したことのない大きな揺れを感じました。

幸い大事には至りませんでしたが、当初、東北関東大震災と報道されたために、関西以西のお客様から多くの心配の電話やメールをいただきました。

とてもありがたかったのですが、福島、宮城、岩手の方々を想うと心苦しくもありました。

震災直後、多くの方々が被災地に駆けつけ、支援物資を送り、多額の寄付をし、様々な支援活動が報じられました。

我々も「何かをしたい」という想いはあるものの、具体的な案がまとまらず、せいぜい個人的に店頭や街頭での募金活動に参加するのが関の山でした。


東日本大震災

震災から数ヶ月が過ぎ、仙台を訪れる機会があり、被災された多くの方とお話させていただきました。

皆様、ご自身の被災体験を生々しくお話して下さいました。

そして必ず「ありがとう」と仰います。

支援活動でなくても、被災地に来ていただけることが「ありがとう」なんだと、お会いした方の全員がそう仰いました。

震災直後にあれこれ考えすぎて何も出来ずにいた自分が恥ずかしくなりました。

先ずは、行動するべきだったのだと。


最近では、東日本大震災関連の報道はめっきり少なくなりました。

こうして被災地以外の方々は、何事もなかったかのように普段の暮らしを送っていくのだと思います。

しかし、被災地の復興はまだまだこれから。

多くの人が、家族や恋人、友人を失い、家を失い、仕事を失ってしまったのですから、そう簡単に元通りの生活に戻ることなど出来ません。


その事実を風化させないために、当社では「東日本大震災復興応援プロジェクト」を始動いたします。


復興を祈願するガーディアンベルを製作し、被災された方々にお配りいたします。

1回だけではなく、ずっとずっと配り続けます。


ガーディアンベルは、元々はバイカーのための交通安全のお守りで、バイカーに悪さをする道路に宿る魔物から身を守る意味があるのですが、この度の震災が魔物の仕業なら、二度と起こらないようにガーディアンベルを身につけていただき、魔物が寄り付かないようになって欲しい。

そのような想いを込めたオリジナルデザインの復興祈願ガーディアンベルです。


このプロジェクトに参加していただくには当社パインバレーのステッカーまたは、パインバレーのステッカー付きチャリティー・ガーディアンベルをご購入いただき、そのパインバレーのステッカーの売上代金は100%復興祈願ガーディアンベルの製作資金として使わせていただきます。

ガーディアンベルのアメリカ本社も賛同し利益ゼロで協力していただくことになりましたので、ステッカー3枚分の売上で復興祈願ガーディアンベル5個を製作できることになりました。

デザインはステンドグラス作家として有名な、石戸谷準 氏にお願いして既に出来上がっております。

→ 石戸谷準ブログ「川風便り」にも、この事が綴られていますのでご覧下さい。

石戸谷準 氏は2011年7月に、わたせせいぞう氏と共に仙台にて震災支援企画展を開催しており、その時にふれあった被災された方々への想いをデザインしていただきました。

テーマは「ハートをつなげよう

復興祈願ガーディアンベル製作の最低ロットは500個です。

ステッカーが300枚売れた時点で製作発注し、出来あがり次第、東北の被災された方々にお配りいたします。

少しでも早く実現できるように、また少しでも多くお配りできるように皆様からのご支援をお待ちしております。

ホームページをお持ちの方は、ステッカーを10枚以上ご購入いただけますと、トップページからリンクさせていただきますので、通信欄からURLをお知らせ下さい。

>> 東日本大震災復興応援プロジェクトに参加する

.

■関連情報
復興祈願ガーディアンベルを東日本大震災で被災された方々に贈ろう

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100010579&eid=6